×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

spatium artis ( 2009.7.29 updated )
■1606-1669年
■オランダ出身
■バロック
 REMBRANDT VAN RIJN



■略歴

 レンブラント・ファン・レイン。それは美術を愛するものにとって、やはり特別な名である。

 彼はオランダのレイデンに1606年7月15日に生まれた。レイデンの大学にて学ぶ。オランダの首都、アムステルダムにて、当初は肖像画家として頭角をあらわす。1625年頃、彼は工房を設立、弟子たちとともに作品制作に力を注ぐ。まず最初に彼の名を高からしめたのは《テュルプ博士の解剖学講義》(1632)である。
 彼の名声に比して当然の如く収入も少なからずあったようだが、レンブラントには浪費癖があったようで、1656年には債務不履行に陥っている。彼は1634年、画家の娘と結婚するが、偉大な芸術家の常でその生涯は絶えず不幸につきまとわれている。1635年には息子に、また1638年には娘に先立たれた。晩年は常に貧困のなかにあったが、不幸の最中にあってこそより精神的な、時代に残る作品を幾つも遺している。
 1669年10月、彼はアムステルダムにて世を去った。

 彼の作風として特筆すべきは、やはりその明暗表現である。彼の先達である、やはり明暗に独特の表現をなしたカラヴァッジオの影響でもありながら、なおレンブラントの表現はより強い深化・あるいは内面化(ドヴォルシャック博士がいうところの「純粋に人間的なものへの、地上的存在のもっとも深い心的秘奥と霊的美への主観的感心」)を示している。古今最高の絵画家・版画家と評する声も大きい。

■作品


"De Verblinding van Samson"(1636)
 《目を潰されるサムソン》
> 美術 top へ戻る
"San-Shin-An" is produced by kikuitimonji (UME-3) 2007-2015
All rights reserved.