×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

spatium artis ( 2009.3.10 updated )
■1575-1642年
■イタリア出身
■バロック
 GUIDO RENI



■略歴

 ボローニャ生まれ。
 同地にてカラッチに学ぶ。のちにボローニャ画派の首魁となる。ローマでも絵画制作を行う。
 代表作はローマのクイリナーレの丘に建つパラヴィチーニ=ロスピリオージ宮殿の天井画『アウローラ』(1612−1614年)だが、絵画においては新鮮な優美さに溢れた女性画を盛んに描いている。こちらで紹介する「クレオパトラの死(自殺)」にも見られるような、瀕死の表現をも得意とする。
 『イタリア・ルネサンスの文化』で有名なブルクハルトは『美のチチェローネ』で次のように語っている。
あらゆる近代画家のなかで、彼は時々、高度で自由な美に最も近づいている。彼の「アウローラ」はおそらく何もかもひっくるめて、最近二百年間でもっとも完璧な絵画であろう……(中略)……女性の顔では、グイドはしばしば古代、特にニオベを模範にしており、女性の肉体では、なまめかしい豊満さに敬意を表することも稀ではない。
  ヤコプ・ブルクハルト『美のチチェローネ』P.207-8
 彼の女性画は優美で、物静かで、理想的である。理想の女性を描き続けた(描け続けた)レーニが遂にその生涯において結婚しなかったのも、故なしとしない。

■作品


"Il suicidio di Cleopatra"(1630)
 《クレオパトラの死》



"La Maddalena penitente"(1635)
 《改悛するマグダラのマリア》
> 美術 top へ戻る
"San-Shin-An" is produced by kikuitimonji (UME-3) 2007-2015
All rights reserved.